Sony Network Communications

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

AIソリューション

AIによる画像判別ソリューション

AIで様々な課題 (検査・監視・異常検知など) を解決

解決したい課題やお悩みはなんですか?

省人化、工程短縮、コスト削減、品質維持・向上、技能継承などAIで解決したい課題や達成したいKPIは色々あるでしょう。しかし、AI(機械学習・深層学習)は万能ではありませんし、解決策として適さない場合もございます。いたずらに時間とコストを浪費する前にご相談ください。

URLが変更になりました。
以下のURLからアクセスをお願いいたします。
https://ai.nuro.jp/elfe/

こんなことにお悩みではありませんか?

こんなことにお悩みではありませんか?
こんなことにお悩みではありませんか?

ピンチアウトで拡大

課題を解決しましょう

もし「AI が使えそう」となった場合、課題解決に向けての作業は主に以下となります。本サービスをはじめ、AI 関連の商品やサービスの多くは「学習」をサービスの中⼼に据えています。AIを有効活⽤し課題を解決するという⽬的を達成するには「データ収集」が鍵となります。AI の活⽤を断念するという決断に⾄る要因の多くは効果的なデータが集まらないことに起因します。データ収集・仕分け・学習作業が上⼿く⾏き、モデル(AI)が作成できたとしても、それをどのように⽇常業務や⾃動化⼯程の⼀部として機能させるかという難題もございます。データ収集からAIの利⽤まで⼀貫して相談したい、画像の撮影が上⼿くいかない、照明の設定に苦労している、搬送装置と推論実⾏のタイミングが合わない・・・など多岐にわたって対応が可能ですので⾊々とご相談ください。お⼿伝い致します。

画像収集

現在利用中の検査機で画像を集める(撮影および過去ログからの採集)のが望ましい。

画像収集

学習

集めたデータを専用のシステム (オンプレ or Cloud) で学習し、モデルを作成

学習

利用

作成されたAI (モデル)を利用。検査時はクラウドに接続不要。

利用

まず試してみる

解決したい「課題」はあるものの、それよりも先ず「AI を試してみたい・試してみよう」とお考えの場合は「DIY 学習」をご覧ください。「試してみる」ことも重要です。⼀定の知⾒やノウハウが得られますので無駄にはなりません。最初は⼩さく始め、効果の程を実感ください。

弊社のAI技術

ソニーのAI技術①: ELFE

  • ソニーのAI技術①: ELFE

  • 遺伝的アルゴリズムを採用した機械学習エンジンで、与えられた課題 (分類など) の遂行に必要な特徴をデータからELFE自体が探索します。 画像や波形などのデータを与えるだけでAI (モデル)が構築できますので、機械学習未経験の方でもお使いになれます。「まずは試してみる」オプションの一つとして最適です。

ソニーのAI技術②: Neural Network Libraries

  • ソニーのAI技術②: Neural Network Libraries

  • オープンソースの深層学習ライブラリです。Neural Network Console (NNC)などで設計したNetworkで学習・推論することは勿論のこと、世界中の研究者による「新提案」を試すこともできます。演算量と効果のバランスを探りながら課題解決のためにパラメータのチューニングを繰り返すような使い方に適しています。

お問い合せ

ソニーの法人向けIoTサービスに関するお問合せはこちらのフォームで受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
PAGE TOP