Sony Network Communications

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

AIソリューション

AIによる画像判別ソリューション

AIで製造現場の課題を解決

解決したい課題やお悩みはなんですか?

省人化、工程短縮、コスト削減、品質維持・向上、技能継承などAIで解決したい課題や達成したいKPIは色々あるでしょう。しかし、AI(機械学習・深層学習)は万能ではありませんし、解決策として適さない場合もございます。いたずらに時間とコストを浪費する前にご相談ください。

AIを採用するべきか

本ソリューションを含め、AIは手段に過ぎません。例えば検査工程ですが、従来の画像処理の技術を応用したシステムで事足りているなら無理にAIに切り替える必要はないでしょう。「AIで何かをやってみよう」のようなモチベーションだといたずらに時間とお金を費やすことになります。

本ソリューションが適している案件

従来の画像処理技術か本AIソリューションのどちらを採用するか。判別用の条件式やプログラムが書けるかどうかを先ずご判断ください。プログラムを書くのが困難な判別基準、たとえば熟練の検査員が経験値を基に主観的に判断している「このくらいならOK」を再現させたい場合、画像をAIに学習させるのはとても有用なオプションです。

利用シーン

本ソリューションは弊社の工場でビス締めの確認やコネクタの接続確認など200箇所以上の自動検査に使われています。他に本ソリューションが貢献できる課題や利用シーンは以下となります。

利用シーン

利用シーン

ピンチアウトで拡大

お問い合せ

ソニーの法人向けIoTサービスに関するお問合せはこちらのフォームで受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
PAGE TOP